会社設立における基本事項

会社設立における基本事項

会社設立のおいては、会社の憲法である定款作成をしなくてはなりません。


基本的に司法書士に頼むとお金がかかるので、自分で手続きをすることもできます。
今はインターネットがありますから、手続きの詳しい説明も載っていることがほとんどですので、そんなに苦労することはありません。

ただ書類集めがかなり大変なので、それを自分でやろうとするとかなりの時間が取られてしまいます。

会社設立の登記もそうですが、基本的に登記と言う制度は、必要書類がそろっていないと申請を却下されるので、キチンと正確にそろえなければなりません。申請書の書き方も決まっていますから、適当に書いたものではいけません。

そういう意味でも自分一人で行うよりも、司法書士に頼んだ方が時間の節約になりますし、特に会社設立を急ぐ理由があるのなら、なおさら頼んだ方が良いです。


司法書士に払うお金が数十万円になりますから、一見ものすごく司法書士が儲けているように勘違いされるかもしれませんが、この料金には登記所に納める税金も含まれています。

この税金は登記をする場合に必ずかかるものなので、司法書士に頼んだからと言って高くなるものではなく、本人申請の場合にも同じ金額がかかります。
司法書士は会社設立の登記の際に払う税金分を、代理で預かるにすぎません。
報酬額はこれに上載せされますが、大体数万円が相場です。

もちろん本人申請であればこの分は節約可能ですが、自力で登記するのは相当根気が必要です。

http://smany.jp/7001
http://www.47news.jp/topics/prwire/2014/11/259091.html
http://www.47news.jp/photo/848037.php

社会復帰のひきこもりをさらに詳しく調べてみませんか。

ひきこもり脱出にはこちらのサイトが最適です。

名簿に注目が集まっています。

営業のセミナー情報選びに特化したポータルサイトです。

こだわるなら大人ひきこもりのことならお任せください。

Copyright (C) 2016 会社設立における基本事項 All Rights Reserved.